実は文系プログラマも多かった

文系だからこそ活かせる能力とは一体!?

プログラミングといえば理系という固定観念があり、文系出身の学生はプログラマーの仕事を目指すことは必ずしも多いとはいえません。
しかし、こうした固定観念のイメージに対するギャップとして、文系からプログラマーの仕事を選ぶ人もまた存在します。なぜ彼らがソフトウェア開発の仕事を選んだのかについて、興味深いところです。
彼らがなぜソフトウェア開発の仕事を選んだのかその理由を知れば、今後のソフトウェア開発における人材不足の打開策に活用できる可能性があります。

一つには、プログラミングが手軽にできるようになったという、開発環境の変化が挙げられます。
コンピューターの情報処理能力が低い頃には、簡単なプログラムを作成するにも大きな費用や時間、手間がかかりました。しかし、コンピューター機器が安価で簡単に手に入れられるようになると、、プログラミングに興味を持ったならばすぐに勉強をはじめ、プログラムを作成してみることが可能です。

これまでは大きな障害となっていたプログラム制作の敷居のギャップがなくなったことで、文系の中にもプログラマーを目指したいと考えるような人が増えてきました。
この傾向は今後も進む事が予測され、ソフトウェア開発の業界におけるプログラマー不足が改善されていくことに期待ができます。さらにこの傾向を受けて、ソフトウェア開発のノウハウがもっと学習しやすいよう、人材育成のためのサポートも行う事が効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です