実は文系プログラマも多かった

文系だからこそ活かせる能力とは一体!?

ソフトウェア開発は、国際化しやすい分野でもあります。
開発で用いるのはコンピューターであり、国境を越えた技術交流が存在します。プログラム言語は、それぞれの国の文化背景を超えた言語として、ソフトウェア開発者同士の共通言語にできます。
文系のプログラマーが自身の実力を活かして、ソフトウェア開発で有利な立場に立つには、語学力を活かすという方向性があります。

文系の分野で、英語を始めとする外国語の研究に携わってきたエンジニアは、語学力に優れています。
そのため、プログラム言語だけでなく、自然言語を用いることによって、海外の人たちとより親密な情報交換ができる能力を持っています。
海外にいる優れたテクニックを持つプログラマーとの交流を持てば、プログラミングの能力向上に役立つ何らかのヒントが見つかります。

また、ソフトウェア開発会社などの開発現場でも、語学力が堪能なプログラマーの存在は重宝されます。
オフショア開発などのように、海外のソフトウェア開発会社と提携して技術開発を行うことが盛んになりました。ソフトウェア開発のためのプログラミング能力以外にも、高い語学力を持った人材が求められています。
これからは、理系だけでなく文系の能力を活かしたソフトウェア開発の可能性がさらに大きくなっていて、学問の分野を超えた協力が必要です。
語学力を活かして、プログラミングとの相乗的な実力を発揮すれば、貴重な人材として成功できます。
文系だけどIT業界に挑戦したいというプログラミング未経験者も参考になるサイトはこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です